NEWS

Latest documentary "Oyster Factory" has been officially invited to Locarno International Film Festival 2015! 最新作『牡蠣工場』がロカルノ国際映画祭へ正式招待されました!

Tuesday, July 28, 2009

7/30に大川興業総裁が!

7/30に『選挙』トークショーがあります。その名も、映画「選挙」を観て、投票するより出馬しろ!
<日時>7月30日(木)最終回(19:25)上映後
<場所>東京・渋谷のライズX
http://www.cinemarise.com/risex.html
<登壇者>山内和彦、想田和弘 
<ゲスト>大川豊(大川興業 総裁)
※登壇者、ゲストは当日に予告なく変更することがございます。

6 comments:

  1. Anonymous12:25 PM

     昨日、ライズX最終回の上映で『選挙』拝見いたしました。トーク・ライヴ、お話途中で抜けてしまい、本当に失礼いたしました。

     映画拝見して、一番驚きだったことは、山内さんのキャラクターです。映画の中の山内さんは、およそ政治家には向かない、並外れて「素直」な方で、それは今日のトークライブでの印象とも重なります。逆にだからこそ、彼はこの映画の中で空虚な中心となって、周囲の人たちの力学が浮き彫りにされたのかな、と思いました。他の人が候補だったら、もっと「心の葛藤」が描かれそうなものです。それは監督がそのような意図をもって編集をなさったためなのか、とも思いますが・・・。
    とにかく、映画もその後のお話も大変面白かったです。『精神』も楽しみにしております。ありがとうございました。takosuke3sei

    ReplyDelete
  2. ご来場いただき、ありがとうございました。
    そうですね、山さんとは大学時代の同級生なのですが、彼を知る自分としては、自民党とはまさにミスマッチだったのです。だからこそ、映画的な可能性を感じました。精神もよろしくお願いします!

    ReplyDelete
  3. Anonymous6:51 PM

    昨晩監督からサインをいただいた『精神病とモザイク』を拝読しました。
    『選挙』で、事務所スタッフの「気が触れた女」のくだりわたしも気になったのですがその理由を本を読んで理解しました。
    『選挙』と『精神』(の1回目)の撮影があんな短い間隔で行われていたことにもびっくりしました!
    今晩のイメージフォーラムには山本医師もいらっしゃるのですよね?映画だけでなく山本医師にも興味を持ちましたのでお会いできるのを楽しみにしています。
    昨日、想田監督に「お若くてびっくりした」とお話しましたが、プロフィールを拝見して自分と同い年だということを知りさらにびっっくりです。
    自分と同じ世代からこんな方が活躍されていることが本当にうれしい。これからもがんばってください。

    ReplyDelete
  4. 早速拙著を読んでくださって、感激です。残念ながら質疑応答は僕一人ですが、どうぞお越し下さいませ。今晩が最後です。(上映は続きます)

    ReplyDelete
  5. Anonymous2:16 PM

    当日の観客です。私は家族の精神疾患を経験し医学の道に入った者なのですが、サイン頂いた御本の映画を撮るにいたる経緯などは心にすんなり入るものがあり、気になってた『精神』も昨日ようやく拝見することができました。

    『選挙』同様興趣つきぬ作品に仕上がっているのはさすがですね。「カーテン」の向こうを覗いたことのある人間としては本編はそうでもありませんでしたが、エンドロールの「追悼」には不意をつかれ心が痛みました。やはり犯罪と並び自死は厄介な問題だと思います。

    ネットで偶然見つけたイベントだったのですが、いろんな刺激を頂くきっかけとなり良かったです。これからもいい作品を生み出し続けて下さい。ご活躍をお祈りいたします!

    ReplyDelete
  6. ありがとうございます。ご家族のご病気をきっかけに医療の道に入られたとのこと。当事者やその家族の目線で治療に当たれるお医者さんが必要とされていると思います。応援しています!

    ReplyDelete