NEWS

Latest documentary "Oyster Factory" has been officially invited to Locarno International Film Festival 2015! 最新作『牡蠣工場』がロカルノ国際映画祭へ正式招待されました!

Friday, October 19, 2012

週刊朝日「ハシシタ 奴の本性」について

佐野眞一氏らによる『週刊朝日』の記事「ハシシタ 奴の本性」を読んだ。僕は橋下氏を危険な人物であると考えているが、この記事にも違和感を持った。まず題名がよくない。橋下氏の親がハシシタという読みをハシモトに変えたことは事実のようだが、それをことさらに強調する必要があるのか。

特に、ハシシタという読み方が被差別部落出身であることを示唆するのならば、この題名には「橋下は被差別部落出身だからダメだ」というメタ・メッセージがどうしても含まれてしまう。つまり記事自体が差別意識に乗っかったものになってしまう。それでは少数派を抑圧する橋下を批判する資格を失う。

もちろん、ある人物を知ろうとする際に、その人の生い立ちや育った環境を調べ記述することが有益であり得ることは確かであり、そうした手法を一概に否定すべきでもない。しかし、この記事に関しては、「怪し気な人物像」を描くために、彼の生い立ちと人々の差別意識を利用しているだけの感がある。

橋下氏を批判したいなら、彼の実際の行動や発言を徹底的に批判すべきである。違憲の思想調査、ねつ造事件、君が代・日の丸強制、原発問題などでの変節、口汚い女性差別的な発言など、批判の材料は山ほどある。それをメディアがきちんと批判してこなかったからこそ、今の橋下氏がある。

(ツイートをまとめました)

No comments:

Post a Comment