NEWS

Latest documentary "Oyster Factory" has been officially invited to Locarno International Film Festival 2015! 最新作『牡蠣工場』がロカルノ国際映画祭へ正式招待されました!

Thursday, January 25, 2007

A Fateful Picture 運命の1枚


 2005年10月2日、この写真を大学時代の友人であるKが僕にメールしてくれたときに、すべては始まった。町中で偶然このポスターを見かけたKは驚きつつも冷静にブツを写真に収め、「山さんに一体何が起こっているのか誰か知らないか?」と、僕ら数名の旧友にメールしたのである。
 普段川崎になど行かないKがこの写真を見かけたのもある種の奇跡だが、そのときカメラを持っていて、しかも写真を撮り、ニューヨークに住む僕のところにまでメールをしてくれた、などというのは奇跡を超えている。この写真が僕のところに届かなかったら、僕は山さんの出馬をへたすると何年も知らずにいただろうし、「選挙」を撮ることもなかったのだから、表題のように「運命の1枚」と呼んでも決して大仰ではあるまい。
 この写真を見た瞬間、僕は「これは映画になる」と直感した。そしてその5日後には、もうカメラを回していた。そんな出会いは、なかなかあるものではない。K、ありがとよ。

It all started when K, an old friend of mine, e-mailed me this picture on October 2, 2005. K was so surprised to see Yama-san's posters in the streets of Kawasaki, which made him snap a picture. Then, he sent it to a few friends (including me) to find out what this all means.

It is kind of like a miracle that K coincidentally saw this poster in Kawasaki because he lives in Tokyo and usually does not go to Kawasaki at all. It is even more miraculous that he happened to have a camera when he saw it, took a picture, and e-mailed it to me in New York. If K had not done what he did, I probably didn't know Yama-san was running for office for years, thus I would never have made my little documentary CAMPAIGN (SENKYO). So, this picture is pretty fateful.

The moment I saw this picture, my intuition told me that I could make a movie. And 5 days later, I was already rolling my camera. This kind of encounter does not occur so often. Thank you, K.

No comments:

Post a Comment