NEWS

Latest documentary "Oyster Factory" has been officially invited to Locarno International Film Festival 2015! 最新作『牡蠣工場』がロカルノ国際映画祭へ正式招待されました!

Sunday, November 26, 2006

Director's Statement 監督のコメント

「選挙」の題材は政治だが、政治的な作品ではないと僕は思っている。戦後ニッポンの政治を支配し続けてきた巨大組織・自由民主党。その選挙運動を観察することによって見え隠れする、言葉ではとらえきれない複雑な現実を、観客ひとりひとりが自分なりに感じ取り、解釈してくれることを目指して作った「観察映画」である。

一般の観客にはあまり知られていないことだが、ドキュメンタリーといえども、撮影前に入念な下調べを要求され、「構成表」とか「シノプシス」と呼ばれる台本を書かされる場合が多い。製作過程には、監督(ディレクター)だけでなくプロデューサーやカメラマン、出資者など多くの人が関わるので、みんなが納得するような「設計図」が必要とされるのである。それは経済上の要請であり、作品が失敗する確率をあらかじめ最小限に押さえようとするリスク管理的な発想の現れでもある。

しかし、「選挙」を作るに当たって僕は、構成表や台本を一切作らず、目の前で展開する現実をとにかく行き当たりばったりで撮影するという方針を徹底した。自民党の選挙に関する事前のリサーチも、被写体とのミーティングもゼロ。つまり、準備をほとんどしなかった。あらゆる先入観を捨てて現実を観察しそこから学ぶという、僕なりのドキュメンタリー作りの根本姿勢を貫きたいという気持ちが強かったからである。撮ってみて面白くなければ、潔く撮影をやめてしまえという捨て身の覚悟もあった。自分で制作費を出しカメラを回して録音もするという、一匹狼型の自主制作だからこそできた、ある種の贅沢である。幸い、筋書きがないせいか、撮影の現場は予期した以上にスリルに溢れ「目から鱗」の連続で、僕は途中でやめるどころか、水を得た魚のように撮影を最後まで楽しんだ。

編集の際には、撮った絵と現実音だけで映画世界を構築することを試み、ナレーションや説明のテロップ、特殊効果、音楽などを一切使わなかった。それは、僕が「す」の状態で被写体に向き合い観察したのと同じように、観客にもなるべく直接的に被写体を観察し、選挙運動を体感して欲しかったからである。観客が自分で観察・解釈しなければならないという意味で、「選挙」は白か黒かの映画ではない。それは現実がそうであるように限りなくグレーな映画であり、観客が観た後にモヤモヤした何かを抱えてくれることを本望としている。

I don't think of CAMPAIGN (SENKYO) as a political piece, though politics is its subject matter. Rather, it is what I call "an observational film" in which the viewer is expected to perceive and interpret the complex, difficult-to-articulate reality of an election campaign run by the Liberal Democratic Party, the party that has held power in Japan for the last 50 years.

Most documentary filmmakers conduct extensive research on their subjects and to write detailed scripts and treatments before they begin shooting. The scripts are often written to persuade members of the production team—executive producers, staff members, and investors—that the movie is interesting and worth producing, both artistically and financially.

In making CAMPAIGN (SENKYO) I broke with this tradition. I made a conscious decision not to write a word before shooting. I was determined to record whatever took place in front of me and to avoid research and pre-shoot meetings with the subjects. This wasn't because I was lazy. It was because I wanted to be true to my philosophy of documentary filmmaking, that a filmmaker should minimize preconceived ideas and should simply learn from the crude reality captured on camera. This strategy was a luxury made possible by the fact that this was a self-financed one-man operation; I both operated the camera and recorded sound simultaneously. As a result, the shoot was one of the most thrilling ones I've ever had, full of eye-opening experiences.

In the editing room as well I chose the most naturalistic path. I constructed the cinematic reality using only moving pictures and sounds recorded during the shoot. I did not use any narration, super-imposed information, computer graphics, special effects, or music. This is because I wanted the viewers to observe and experience the election campaign as directly as I did while I was shooting it.

CAMPAIGN (SENKYO) asks viewers to observe and think about what they see on screen. In this sense, reality is not painted in black and white. Instead it is gray and complicated, the way we experience it every day. I hope that viewers will leave the theatre with unanswered questions, ones they will continue to think about for days, weeks, even years to come.

No comments:

Post a Comment